エグゼクティブコーチングの知識を身に付けるための研修に参加しました

エグゼクティブコーチングとは

エグゼクティブコーチングは最近多くの企業で話題となっています。
本来は経営者や経営幹部などに様々なアドバイスをする立場であるため、それなりのキャリアを積んだ人でなければなることができないと考えていましたが、最近ではコーチになるための様々な研修プログラムが用意されており、これを習得することで経営者のサポート役として活躍をすることができると知りました。
そこで上司に相談したところ、会社のためにもそのような知識を持っている人がいたほうが良いと言うことで、外部の研修に参加させてもらえることになったのです。
エグゼクティブコーチングの研修を実際に受けて感じた事は、その内容が単純に経営に関するアドバイスだけではないと言うことです。
もちろん経営に関する基礎知識は非常に重要で、様々なビジネスのルールやセオリーなどを知っておく事は重要な項目となっており、研修の中でもしっかりと時間をとって教えられましたが、それ以上に重要視されていたのが様々な場面での駆け引きであると知りました。
エグゼクティブコーチは経営者や幹部社員に様々なアドバイスをする立場であると認識していましたが、そのアドバイスの内容は実際には経営の革新的なものではなく、様々な場面での立ち振る舞いや交渉に関するスムーズなアイディアなどを提供する立場となっています。

本日のエグゼクティブコーチング
では、セッション後半で1on1ロープレを行いました。


これまで大切にされて来た在り方を土台にしながら、更に信頼関係を強化していく「聴き方」を習得されたクライアント様と部下の皆様との関係性が

これからどんな風に変化されていくのかがとても楽しみです。

— 安保 奈緒美◆ビジネスコーチ (@naomicoach7) July 6, 2020

エグゼクティブコーチングとは経営者の視点でアドバイスを行う研修は非常に充実したものでした