エグゼクティブコーチングの知識を身に付けるための研修に参加しました

経営者の視点でアドバイスを行う

エグゼクティブコーチングエグゼクティブコーチングとは?

実際にビジネスの流れを判断するのは経営者や経営幹部であり、この部分にコーチが立ち入る事は非常に難しく、さらにこれで万が一経営者や経営幹部と意見が対立してしまった場合には大きなトラブルが発生することは必須です。
実際には多くのエグゼクティブコーチは経営の方法やその手法にはほとんど触れず、様々な場面でセオリーをもとにヒントを提供すると言うところにポイントがあると言うことを知りました。
また元はコンサルタントとの違いがよくわからなかったのですが、コンサルタントの場合には主に経営手法や実際の様々な成功例や失敗例などをもとに、現在経営者が考えている様々なアイデアについてその良し悪しを評価しながら意見を述べると言う立場を担っています。
そのため、経営の核心に迫りながらその経営者や幹部社員の能力を引き出すのがコンサルタントの役割であるのに対し、エグゼクティブコーチは実際の経営者や立ち振る舞いに関して客観的な視点の中から様々なアドバイスをするのが主な仕事であると理解しました。
エグゼクティブコーチングの研修の中で特に私が注目したのは、あくまでもその重要なポイントは経営者や幹部社員の考えを引き出すことです。
彼らの頭の中の整理を手伝うといった役割が非常に強く、そのために様々な意見を客観的に言うことができる立場として重要視されているのが特徴です。

エグゼクティブコーチングとは経営者の視点でアドバイスを行う研修は非常に充実したものでした